キャサリン

漫画家・吉川景都のお仕事情報や、日常を綴った絵日記サイトです!

カテゴリ: お仕事情報

E0IPXMjUcAIVHpD

というわけで
本日発売のYKアワーズにて
新連載「こまったやつら」始まりました!

読者コーナーの質問のとこにも書いたけど
大学の民俗学研究会というテーマで
描かせてくれるアワーズの懐の深さがすごい……
ホントありがとうございますHさん………


民俗学っぽい内容については
「葬式探偵モズ」とか「鬼を飼う」でも
触れてはいたのですが、
キャンパスものもやりたかったので
気楽に楽しめる民俗学になればいいなと
思っています。

民俗学というと妖怪とか天狗とかという
イメージが大変強いと思いますし
私自身も入口は完全にそこだし、
そういう切り口がエンターテイメントとして
漫画を成立させる上でどうしても
前面に出てくるかと思うのですが…。




個人的な話になりますが、
6年前、子どもが生まれ母が亡くなるという
自分にとってかなり大きな出来事があった時、
結構重めに「生きるとはなんぞや」と
考え込む機会がありました。

それで、そういう時に
民俗学の本を読んでいて、
民俗学って要するに、歴史などを学ぶ上では
登場しえない、名前もない人々の生活の細かな作法や
伝承や、広く言えば生き様そのものを拾って集め、
現在を問い直すという学問なわけで

行事や祭礼を通して自分の人生の節目に
ひとつひとつ名前や意味を持たせていった
昔の人たちの姿というのが、
大きな出会いと別れを経験して立ち止まっている
自分と重なって見えたように思えたのです。

ただ生きるだけでは流れていくだけの日々に、
たとえば山の神であるとか、たとえばご先祖様だとか、
そういう「目に見えないなにか」に生かされている
と感じるための行事や、
産着がどうとか成長に際しての儀礼だとかが
必要だった理由が、実感として初めて
身に迫って感じられた気がしました。

人によっては「古臭い」とか「必要ない」ような、
あまりにも些末でささやかな、どうでもいいような
感じさえするかもしれませんが
なにかひとつ、民俗学のありように
救われた一人として、描けるものがあればと
思っています。

つっても専門家でもなく
むしろ不勉強なただの漫画家なので
そういう内容になるかどうかかなり微妙ですが、
端緒を書きのこしておこうかなと思って
書いてみました…。





漫画にする上では、
そのままだと絵面が地味なので
「すごく実践的な先生が率いてる研究会」であり、
フィールドに入るだけでなく、
経験を再構築するような場ではどうかと思いながら
舞台を作ってみました。

1話に出てくる津野山神楽はYouTubeでも
見られるので、ぜひ見てみてください!
すごいかっこいい。
特に漫画にも出てきた山探しが好きです。





0228

気づいたらこれが今年初のブログだったのですが、
もう3月……。
えっちゃんがもう卒園だよ!!
来月は小学生だよ!!

めちゃくちゃバタバタしていますが、
あらためてご無沙汰してます…。

Twitterのほうでは、
さりげなく名前の後ろにくっつけたのですが、
4月からアワーズのほうで新連載が始まります!
追々また告知をしますが、これまでも作品中で
半端に触れてきた民俗学っぽい話について、
わりとちゃんとやろうかと思っています。

もうひとつ、ちょっとアレコレ決まっていませんが
準備しているものもあるので、そちらもまた
よいお知らせができれば…。

あと昨年末に「来年春に出ます」と言っていた
BAパンダさんとのメイク本は夏になった!頑張ってます!



:::::::::::::::

ところで年末のご挨拶ブログでは
駆け足で2020年を振り返るだけになってしまって
あんまり触れられなかったのですが、
モーツー掲載の「傀儡戦記」の話を少し…。

傀儡戦記は原案である高殿円先生の挿画を以前
やらせていただいたご縁でお声をかけていただいたのですが、
開始時点で今発表されている先生方のお名前は伺ってたので
正直なところ「画力ではとても並べない」という感じで、
そのぶん自分らしいテンポや読み味に重点を置いて
工夫しながら描いていました。

そんなわけで
演出面ではストレートにやってみましたが、
丁寧に描きこむこと以外に
絵の方ではとにかく主人公のケイサが描けなくて………。
傀儡の企画とネーム自体は結構長く手元にあったのですが
ケイサぐらいの「大人一歩手前の少年」が超難しくて、
2ページ目と4ページ目下段のケイサはマジで100回くらい
描いてる(比喩じゃなくて本当にそんくらい描けなかった)
さっき描いてみたが、やっぱちょっと
顔つきが変わってしまいました。
原稿の中が一番いい顔をしていると思います。

しかし、
そういう「書けないな、難しいな」という気持ち以上に、
2020年は序盤で「鬼を飼う」も終わって、
小さめの読切とか短編以外はスコンと予定が
空いていたので、この作品が手元にあったことは
それだけで大きな救いでした。
大きい企画なのでプレッシャーもすごかったのですが、
たまたまではあるがコロナでどこにも行けなくなった中で、
ひとつ遠い旅先が残ってるような気分というか。

読者の皆様には物足りない部分もあったかと思う作品ですが、
ともかく大変に貴重で得難い経験だったし
忘れられない作品でした、
という話でした。








:::::::::::::::::::::::

で、また新たな旅を頑張れるよう、
今はとにかくネーム!ネーム!の毎日です。
旅に出るまでが………長い………












287DAA0D-84BF-4050-8FE5-A49756366687


ツイッターの方でもお知らせしましたが、
モーニング・ツーで高殿円先生と蛇蔵先生原案の
アンソロジー企画に参加させていただいています。
ものすごい豪華作家陣で震える……

私もちょっといつもと違う感じの漫画になっています。

来月また詳細が解禁されるようなので
追ってお知らせしますね!






51V5hLPAXoL


51Fn4vCp5TL

Twitterの方でもお知らせしていましたが、
YKアワーズで連載されていた「鬼を飼う」が
6巻、7巻と2カ月連続で刊行になりました。

最終回の構想だけは結構早い段階で決まっていたのですが
どうやってそこにたどりつくのかは知らなかったので
2019年の春ごろからはかなりしんどい制作期間でした…。

描いてるくせに「知らない」とは変な話なのですが、
「鬼を飼う」については特に
「もともとある話を順を追って描いている」
という感覚が強く、
こういう話なんだから次はこうなるべきだよな、
というような描き方をしていて、
ネーム中もよく最初と中間と最後だけ先にあって
あいだを埋めたりとかよくしていたのだった。

そんなわけでずいぶん苦労した1年でしたが
ともあれ着地することができてようやく一安心といったところです。
読んでくださった方はいろいろとご意見もあるかと思いますが
5年間併走してくださって本当に感謝しています。

6月30日売り号では表紙裏のカラー漫画とインフォメーション、
8ページの短編と読者ページでのインタビューと、
終わったわりにたくさん登場させていただいてますので
ご興味ありましたらぜひ手に取ってやってください!

















0728

5月20日発売の集英社クリエイティブ・オフィスユーに
「藤堂姉妹のおしごと」という読切が載っています。

だいぶオフィスユー感ある漫画描けて嬉しい……
これの前の連載モズだったからな……

※モズこちら↓
mozu_h




モズはモズ先生っていう葬式専門の先生があれこれと
葬儀の蘊蓄によって事件を解決するという探偵モノでしたが、
今回は、美容部員の主人公なぎさが
実はオタクで元コスプレイヤーで…というような話です。40ページ。
オフィスユーは電子版もあるので、ご興味ありましたらぜひ~。

しかし今回の原稿は思いっきり緊急事態宣言期間とかぶって
保育園がやっていないなかでの進行だったので、てんやわんやでした;;
うちもともと私の仕事部屋にドアがなくて(通路みたいになってる)
シームレスにえっちゃんも猫も行ったり来たりするので、
普段は解放感あっていいんですが、こういう事態になってみると
ドアつけとけばよかったかなあと今更思ったのであった…。












↑このページのトップヘ